研究開発

ゴルフボールの打感・打音に関する共同研究

ブリヂストンスポーツ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:楳本 富男)と、ゴルフボールの打感・打音に関する共同研究を進めています。これは、同社のゴルフボール研究開発において、ゴルファーが重視する「打感」の良し悪しには耳から入る「打音」が大きく影響していることに着目し、音響技術でサポートすることで、理想的な打感・打音を実現させることを目的としています。

長年培ってきた音響技術とノウハウを用いて、音響を専門とする技術者が、「打音」のわずかな差異に対して、音の印象と物理特性の関係を定性的かつ定量的に分析することで、同社の製品開発をサポートしました。プロ・上級者が求める打感・打音を追求した同社の「BRIDGESTONE GOLF TOUR B330X」は“芯を感じるしっかりした打感”を、「BRIDGESTONE GOLF TOUR B330S」は“フェースに吸い付くソフトな打感”を実現しております。

BRIDGESTONE GOLF TOUR B330X

BRIDGESTONE GOLF TOUR B330S

商品の詳細につきましては、下記サイトをご確認ください。
ブリヂストンスポーツ株式会社 公式サイト

プロの実打音を音響解析し、“プロ・上級者が求める「打感」”と“「打音」の印象・音響特性”との関係を定性的かつ定量的に分析