carrozzeria

ナビシステムアップ

ND-ETCS10

ND-ETCS10

ETC2.0サービスに
スタンドアローンで対応する
GPS付発話型ユニット

ETC2.0ユニット

ND-ETCS10

オープン価格

機能

  • ※オープン価格の商品は希望小売価格を定めていません。
  • ※特殊車両通行許可簡素化制度(特車ゴールド)などに対応した業務支援用ETC2.0車載器ではありません。

カーナビゲーションがなくてもETC2.0サービスを利用可能

カーナビゲーションがなくてもETC2.0サービスを利用可能

ETC2.0ユニットは、ユニット自体にGPSを搭載しているので、カーナビと接続せずにETC機能を利用できます。また、全国の高速道路やサービスエリアなどに設置されているITSスポットと通信して情報を取得できるETC2.0サービスにも対応。車両の各種情報をITSスポットに送信する「アップリンク機能」も搭載しています。送信された情報は統計処理され、道路管理者による渋滞状況や事故多発地帯の把握、前方障害物情報検知などに活かされます。

  • ※ETC2.0サービスとは、これまでITSスポット(DSRC)サービスと呼ばれていたサービスです。
  • ※送信される情報は個人情報にあたらない範囲で、ETC2.0対応ユニット情報、車両情報、走行履歴情報、車両挙動履歴情報など。
  • ※ICカード(各社ICクレジットカードなど)やETC対応クレジットカードをETC2.0対応ユニットに挿入することなくご利用できます。

交通情報をわかりやすく音声で案内

受信した情報をわかりやすく音声で案内

ITSスポットを通じて受信した情報を、本体内蔵のスピーカーからドライバーへ音声で案内します。

音声案内例

安全運転や災害時も支援

ETC2.0では、高速・大容量、双方向通信が可能なので、交通情報に加え安全運転支援や災害時支援の情報も得ることができます。また、自動料金収受などのサービスにも対応しています。

この先、落石に注意してください

安全運転支援

落下物や合流注意地点や視界の悪い急カーブなど、事前に音声で注意喚起を行います。また、渋滞末尾情報としてカーブの先などで渋滞や障害物がある場合に、音声で情報を提供します。

地震が発生しましたので速度を落としてください

災害時支援

災害発生と同時に災害発生状況と併せて、支援情報を提供します。

今後導入される経路情報を活用したサービスに対応
(2016年4月導入予定)

2016年4月から新たに導入が予定されている、経路情報を活用した新サービスにいち早く対応。道路の混雑状況に応じた料金変更や災害、事故時等の一般道路などの一時退出、高速道路を走行中に渋滞などを迂回する経路を走行した場合の料金割引が適用となります

今後導入される経路情報を活用したサービスに対応

動作確認や読み込みエラーも一目でわかる

ETCカードを認証するとアンテナ部と本体のLEDイルミが点灯。挿入の有無が一目でわかります。また、ETCカード読み込みなどでエラーが発生した場合、本体イルミの点滅や音声でお知らせ。スムーズに確認できます。

LEDイルミ
エラー発生時

すっきり簡単に取付けられる

アンテナ装着イメージ

装着イメージ

装着イメージ

車室内のインテリアに配慮したスタイリッシュな取付けが可能です。また、ETC本体が小型なので、運転席周辺やコンソール内にスッキリと取付けできます。

  • ※カーナビゲーションとの連動機能はありません。

仕様

ETC2.0ユニット本体部

ETC2.0ユニット本体部

アンテナ部

アンテナ部

ETC2.0ユニット本体部
使用温度範囲 -30 ℃ ~ +85 ℃
電源電圧 DC12 V/24 V兼用
最大消費電流 500 mA
外形寸法 70 mm(W)×18.2 mm(H)×105 mm(D)
質量 120 g以下
アンテナ部
外形寸法 40 mm(W)×14.7 mm(H)×40 mm(D)
質量 80 g以下
ケーブル長 3.5 m
保証書付

取扱説明書

「取付/取扱説明書」を閲覧/ダウンロードする前に、必ず「ご利用の条件」にご同意いただいた上でご利用ください。

ご利用条件はこちら