carrozzeria

ナビシステムアップ

ND-DSRC3

ND-DSRC3

新時代の運転支援
ETC2.0サービスに対応

ETC2.0ユニット

ND-DSRC3

オープン価格

  • ※オープン価格の商品は希望小売価格を定めていません。
主な対応モデル

【サイバーナビ】

AVIC- CL900-M/CW900-M/CZ900-M/CL900/CW900/CZ900/CE900AL-M/CE900VE-M/CE900VO-M/
CE900NO-M/CE900ES-M/CE900ST-M/CE900AL/CE900VE/CE900VO/CE900NO/CE900ES/CE900ST/
ZH0999LS/VH0999S/ZH0999WS/ZH0999S/ZH0999L/VH0999/ZH0999W/ZH0999/
ZH0777W/ZH0777

【楽ナビ】

AVIC- RL99/RW99/RZ99/RZ77/RZ06II/RZ55/RW33/RZ33/RZ22/
RL09/RW09/RZ09/RZ07/RZ06/RL05/RZ05/RW03/RZ03

対応モデル 一覧はこちら

  • ※2013/14年モデルのサイバーナビに接続した際には車載器管理番号の表示が「※※※※※※※※」となります。2015年5月以降のマップチャージ(全データ更新)、もしくは2015年6月以降の商品付属分マップチャージ SD送付サービス(有償)を行うことで、車載器管理番号が表示できます。
  • ※2014年モデルの楽ナビに接続した際には車載器管理番号の表示が「※※※※※※※※」となります。2015年11月以降のマップチャージ(全データ更新)、もしくは2015年12月以降の商品付属分マップチャージ SD送付サービス(有償)を行うことで、車載器管理番号が表示できます。

多彩なサービスとETC機能が一体化

カーナビにも/カーAVにも/モニターにも

ETC2.0対応(DSRC)ユニット「ND-DSRC3」をカーナビに接続すると、ETC機能に加えて、全国の高速道路やサービスエリアなどに設置されているITSスポットと通信して情報を取得できるETC2.0サービスを利用できます。
また、車両の各種情報をITSスポットに送信する「アップリンク機能」も搭載。送信された情報は統計処理され、道路管理者による渋滞状況や事故多発地帯の把握、前方障害物情報検知などに活かされます。

  • ※ETC2.0サービスとは、これまでITSスポット(DSRC)サービスと呼ばれていたサービスです。
  • ※送信される情報は個人情報にあたらない範囲で、ETC2.0対応(DSRC)ユニット情報、カーナビゲーション端末情報、車両情報、走行履歴情報、車両挙動履歴情報など。
  • ※アップリンク機能はON/OFF設定が可能(一部情報〈ETC2.0対応(DSRC)ユニット情報、車両情報〉は設定に関係なく送信されます)。
  • ※ICカード(各社ICクレジットカードなど)やETC対応クレジットカードをETC2.0対応(DSRC)ユニットに挿入することなくご利用できます。

新時代のサービスを提供するETC2.0

全国の高速道路で、5.8GHz VICSサービスが取得できます。渋滞回避支援や安全運転支援など、様々なサービスが利用できます。

情報提供サービス

渋滞回避支援

広域な道路交通情報をリアルタイムに配信。前方の渋滞情報などもひと目で確認できます。

簡易図形
静止画

安全運転支援

危険事象や落下物、渋滞末尾情報に関する情報を静止画や音声案内します。

簡易図形
簡易図形
簡易図形 音声案内
静止画 音声案内
  • ・道路交通情報(図形/音声/カーナビが利用する情報)
  • ・前方状況情報(静止画/音声)
  • ・前方障害物情報(図形/音声)
  • ・渋滞末尾情報(図形/音声)
  • ・ハイウェイラジオ情報(音声)
  • ※ICカード(各社ICクレジットカードなど)もしくはETC対応ICクレジットカードをETC2.0対応(DSRC)ユニットに挿入することなく利用できます。

災害時の支援

災害発生と同時に、発生状況とあわせて支援情報を提供します。

簡易図形 音声案内

広範囲な渋滞情報を受信して常に最適なルートを選択

ダイナミックルートガイダンス表示例

▲ダイナミックルートガイダンス表示例

広範囲にわたる道路交通情報がITSスポットからリアルタイムで配信され、最新の情報を受けるたびにカーナビがルートを再検索。最も早く着くルートを選択できます。

経路情報を活用したサービス(導入予定)

大都市部では環状道路の整備に伴い、経路選択の幅が飛躍的に増えました。経路情報を収集・蓄積可能なETC2.0サービスとITSスポットにより、渋滞、事故等の状況に応じて賢く経路選択を行うことができます。

  • ※ご利用いただくためには再セットアップが必要です。

広がる民間サービス

ドライブスルーやガソリンスタンドでの自動車料金決済など、より便利で快適な新しいサービスが検討されています。

ETC機能も快適に使える

カーナビと連動することでキャッシュレスで高速道路を利用できるだけでなく、画面上でETCレーンや利用履歴の確認もできます。

カーナビと連動するための「接続ケーブル」を同梱しています。

動作確認も一目でわかる

アンテナ/ETC本体 アンテナ/ETC本体

ETCカードを認証するとアンテナ部のLEDイルミが点灯。さらにカーナビの画面上にもメッセージや確認マークが表示されるので、挿入の有無が一目でわかります。

読み込みエラーも知らせてくれる

ETCカード読み込みなどでエラーが発生した場合は、LEDイルミの点滅や音声でお知らせします。

スッキリと取付けできる

アンテナ装着イメージ

運転席設置例

コンソール内設置例

小型アンテナのため、ルームミラー裏の目立たないスペースに取付けが可能。視界と室内のインテリアを邪魔しません。また、ユニット本体もコンパクトなので、運転席周辺やコンソール内にスッキリと取付けできます。

仕様

寸法図

ETC2.0(DSRC)ユニット本体部

ETC2.0(DSRC)ユニット本体部

アンテナ部

アンテナ部

ETC2.0(DSRC)ユニット本体部
使用温度範囲 -30~+85 ℃
電源電圧 DC 14.4 V(10.8 V~15.1 V使用可能)
アース式 マイナスアース方式
最大消費電流 300 mA以下
外形寸法 70 mm(W)×18 mm(H)×106 mm(D)
質量 95 g
アンテナ部
外形寸法 31 mm(W)×19 mm(H)×31 mm(D)
質量 80 g
ケーブル長 3.5 m
保証書付

取扱説明書

「取付/取扱説明書」を閲覧/ダウンロードする前に、必ず「ご利用の条件」にご同意いただいた上でご利用ください。

ご利用条件はこちら