Pioneer

carrozzeria

TVM-PW1000T/PW1000の映像美を支える
テクノロジー

色彩豊かで安定した映像を実現する、3次元Y/C分離回路を搭載

映像信号を輝度信号(Y)と色信号(C)に分離する、3次元Y/C分離回路を搭載。細い縞模様の映像などがチラチラしたり、色がにじんだりする現象を抑え、RCA出力とは思えないほどの安定した高精細映像を映し出します。

「3次元Y/C分離回路」非搭載のモニター/TVM-PW1000T/PW1000

※(株)ステレオサウンド チェックDVD「HiVi CAST」より
  • 画面のちらつき
  • 色の滲み

高画質を生み出す、先進テクノロジーを集積

HDMI HD プロセッシング

HDMI入力された映像を出力の直前までHD映像のまま映像処理を実施。不要な演算誤差による画質低下が発生せず、入力信号の情報を忠実に伝達します。

HDMI HD プロセッシング

10bit165MHz A/Dコンバーター搭載

コンポジット映像信号を余すところなく取り込み、元の映像を忠実に再現します。

合計42bitの映像プロセッシング

入力された映像はR/G/B各14bitの合計42bitで映像処理を実施。不要な演算誤差による画質低下が発生せず、入力信号の情報を忠実に伝達します。

超解像クリアシャープ回路

アドバンスドシャープネス回路に加え、より優れた解像処理を施すことで、HDMI映像信号はもちろん、コンポジット映像信号でもより解像感の高いシャープな映像を描き出します。

キャリブレーテッド・ガンマ

製品ごとの液晶パネルの表示特性に対して、製造時に1枚1枚測定を行い、最適な表示特性となるようにチューニングしています。

リアルタイム高画質化回路

入力映像に応じて適切な処理を施す、5つのアダプティブ画質調整回路により、より鮮やかで繊細な高画質を実現しました。

  • ■ヒストグラム補正:階調を適切に調整することで、よりコントラストの高いダイナミックな映像を描き出します。
  • ■ガンマ補正:輝度ガンマカーブを調整し、よりコントラストの高いダイナミックな映像を描き出します。
  • ■カラーゲイン補正:低輝度での色ノイズを防ぎ、高輝度での色乗りを改善することで、クリアかつダイナミックな映像を描き出します。
  • ■肌色補正:肌の質感を向上し、自然で鮮やかに描き出します。
  • ■ブラックストレッチ:黒浮きを補正し、よりコントラストの高いダイナミックな映像を描き出します。
閉じる

Copyright © 2018 Pioneer Corporation.
All Rights Reserved.