2ウェイサテライトスピーカー TS-STH1100

  • 特長
  • 車種別取付情報
  • 仕様・付属品・取説
  • 組み合わせ例

独自の技術で、圧倒的な薄さと高音質を両立

これまでの常識を覆し、超薄型化を実現した独自の「HVT方式」ユニットにより、本体の薄さわずか36mmを実現。壁面に張り付くような流麗なフォルムは、高品位なインテリアのように車室内に美しく溶け込みます。同口径換算のスピーカーと比べて大幅に薄型化するとともに、1オクターブ低い範囲までの再生能力を持つほど、高音質化を実現しています。
世界初の技術「HVT方式」とは

高品位に満ちた薄型デザイン

イメージ
フロントパネルには、キメの細かいパンチングメッシュを採用。高品位なニュートラルシルバー塗装で仕上げ、壁面に張り付くようなフォルムとあいまって、先進的な印象を放ちながら内装に調和します。

全帯域をクリアに奏でる、精緻なテクノロジー

イメージ
磁気回路には、小型でも強力な磁力を持つネオジウムマグネットを使った「2ギャップ2ボイスコイル構造」を採用。正確なストロークと低歪みを実現しています。
イメージ フロント・リアそれぞれの座席で最適な音場の形成を実現する「3.3cmソフトドームダイアフラム」をトゥイーター部に採用。さらに、トゥイーター周りのウェーブガイドにより、すべての座席において快適な聴き心地を実現します。
大型化された新開発振動板 ウーファー部には、軽量で高い剛性を持つ新開発85mm×80mm(φ10cm相当)発泡抄紙振動板を採用し、心地良いサウンドを再生します。
イメージ また、振動板を動かすリンク機構には、2層構造IMXファイバーを採用。水平方向の振幅をロスなく垂直方向の振幅に変換します。

薄型デザインで、多彩な車種に装着可能

超薄型ボディにより、従来のサテライトスピーカーでは難しかったピラー部などへの設置を実現し、より多くの車種に取付けが可能。これまでスペース面で問題のあったコンパクトカーや軽自動車にも装着できます。
ミニバン取付イメージ
軽自動車取付イメージ/ワゴン車取付イメージ

取付位置に合わせて、調整も簡単

取付位置に応じて、スピーカー本体の高さと回転角度を変えられる位置調整機能を備えた取付金具を付属。車室内の形状にフィットする取付が簡単に行えます。
各商品の取付写真は、撮影用のイメージです。安全のため、実際の取付には付属金具による固定と、ワイヤーの接続が必要です。
車種および取付場所によっては取付できない場合があります。詳しくは販売店にご相談ください。

ページTOPへ