carrozzeria
AVIC-CL902-M/CW902-M/CZ902-M
通信料3年分付 データ通信専用通信モジュール同梱
AVIC-CL902/CW902/CZ902/CZ902XS/CE902SE/CE902AL/
CE902VE/CE902VO/CE902NO/CE902ES/CE902ST
通信料3年分付 データ通信専用通信モジュール「ND-DC2」対応

進化した独自の革新的情報ネットワーク
「スマートループ」

2006年より蓄積した膨大な渋滞予測データとリアルタイムな走行・交通情報を高度に分析し、ドライバーに最適な情報を提供する革新的情報ネットワーク「スマートループ」。カロッツェリア専用のカーナビサーバー上で高度な演算処理を施し、ドライバーに最適な情報を提供し続けます。さらに進化した「スマートループ」は情報の提供だけにとどまらず、膨大かつリアルタイムな情報をもとにスマートループサーバー上でルートを計算し、より理想に近い探索結果を導き出す次世代のルート探索「スーパールート探索」を実現しています。
新「スマートループ」

全道路の渋滞情報を反映してルート探索【スマートループ渋滞情報™全道路対応】

VICS渋滞情報を含む、全国約70万kmにおよぶ全道路を対象とする
「スマートループ渋滞情報™」を取得し続けることが可能。全国すべての道路を対象とした
リアルタイムな渋滞情報を考慮して出発時から目的地に到着するまで、常にそのとき最適なルートを提案します。
この通信の魅力を身近にするため、iPhoneやスマートフォン(Android)の
Wi-FiテザリングまたはBluetoothテザリングによる情報取得にも対応。

料金優先

  • ※通信機能を使用するには、Wi-Fiテザリング対応またはBluetoothのPANテザリング対応のiPhoneやスマートフォン(Android)もしくは、同梱または別売のデータ通信専用通信モジュール「ND-DC2」などの通信環境が必要です。通信機能のご利用や情報の取得は無料ですが、通信料はお客様のご負担となります(通信モジュール使用時除く)。接続には、テザリング契約およびiPhoneやスマートフォン(Android)本体でのテザリング設定が必要です。
  • ※スマートループ渋滞情報™などスマートループ プローブ情報システムで提供される情報は、お客様からアップロードされた情報を基に反映したものです。弊社におきましても調査を行っておりますが、完全な一致を保証するものではありません。
  • ※道幅5.5m未満の細街路を除く。

全国の通行止めも把握したルートで案内

通常のカーナビでは、周辺の交通規制情報しかわかりません。そのため、例えば長距離ドライブなどの場合、「通行止め」付近になって初めてその規制がわかり、ルートを変更しなければならない場合があります。サイバーナビなら、起動後すぐに全国有料道路上の規制情報の一括取得が可能。出発時から遠方の「通行止め」までも考慮したルートで案内。「スマートループ渋滞情報™」とあいまって、長距離を走行する際でもスムーズで快適、しかも到着時間の精度もより高められます。

  • ※全国の有料道路を対象に、「通行止め」「入口封鎖」の交通規制情報のみ取得可能。
  • スマートループ渋滞情報™
  • スマートループ渋滞情報™

様々なデータを渋滞情報に活用

VICS渋滞情報を一括取得する「オンデマンドVICS」に加え、全国のユーザーから発信される
リアルタイムのドライブ情報も利用できます。さらに、他のカーナビ利用者から提供された過去の情報も
有効に活用。例えばリアルタイムな情報が得られない道路や時間帯であっても、渋滞を予測することが可能です。

様々なデータを渋滞情報に活用

他のクルマからの情報をリアルタイムに取得

通信を介して、カロッツェリアカーナビユーザーから、スマートループサーバーへリアルタイムで寄せられる走行履歴データの活用が可能。さらに、本田技研工業、日産自動車、三菱電機、JVCケンウッドのプローブ情報にも対応することで、情報の精度がより向上しています。加えて「スマートループ アイ」によって配信される画像情報の取得も可能。VICSでは配信されていない独自の道路情報が活用できます。
様々なデータを渋滞情報に活用

走行データを共有して
より質の高い渋滞情報を提供

カロッツェリアのカーナビの「スマートループ渋滞情報™」は、「Hondaインターナビ・プレミアムクラブ※1
「三菱電機OpenInfo※2」「JVCケンウッドKENWOOD Drive info※3」と
リアルタイム走行履歴データを共有しています。

  • ※「三菱電機OpenInfo」「JVCケンウッドKENWOOD Drive info」は、パイオニア株式会社が運営・管理するスマートループ渋滞情報™を使用しています。
  • ※1 インターナビ・プレミアムクラブは本田技研工業株式会社が運営するHonda車オーナーのための情報サービスです。
  • ※2 Open Infoサービスは三菱電機株式会社が運営する会員制の交通情報システムです。
  • ※3 KENWOOD Drive info.は株式会社JVCケンウッドが提供するiPhone/Android™スマートフォンとKENWOOD製カーナビゲーションを接続する機能拡張型アプリケーションです。
  • *プライバシー保護について
    弊社は、登録会員のカーナビから弊社に対して送信された走行履歴などの情報を統計的に処理した上で、各社と共有しております。弊社は個人情報保護方針に基づいて個人情報を保護します。

多彩な情報が取得可能に【VICS WIDE対応】

VICSが提供する情報サービスが拡がった「VICS WIDE」に対応。FM多重放送を利用し、一般道の旅行時間情報をはじめとする詳細な最新の渋滞情報や規制情報を取得することで、より精度の高い渋滞回避ルートを提案します。さらに緊急情報にも対応し、台風などの気象情報や津波の発生などの特別警報情報も取得し表示します。

VICS WIDE

  • VICS WIDE対応
  • VICS WIDE対応

全国のVICSデータを活用

スマートループ渋滞情報™に利用するオンデマンドVICSデータは、FM VICSやビーコンでは取得できないVICS情報(広域エリアにわたる交差点を通過するのに必要な時間[リンク旅行時間]など)が取得・活用できます。また、日本全国の任意の場所の渋滞情報を知ることもできます。

オンデマンドVICSについて詳しくはこちら

VICSについて詳しくはこちら(一般財団法人 道路交通情報通信システムセンター)

行く先の″今″を画像で共有する【スマートループ アイ】

高速道路のジャンクションや一般道交差点の混雑状況や形状、突発的な交通規制場所の状況、
大型施設の駐車場入口付近の混雑状況など、「スマートループ アイ スポット」のリアルな情報を
サイバーナビユーザー同士が画像で共有する、クラウド型情報共有サービス「スマートループ アイ」。
行く先の交通状況を「ライブインフォメニュー画面」やライブインフォ機能の
「スポットウォッチャー通知」表示によって画像で確認できます。

  • ※「スマートループ アイ」はユーザーの皆様からアップロードされる画像データを共有する通信サービスです。
    「スマートループ アイ」対応モデルのユーザーが増えることで、表示されるデータの質や量が向上します。
スマートループ アイ
  • スマートループ アイ
  • スマートループ アイ
  • スマートループ アイ
  • スマートループ アイ

ひとつ先の状況を事前に視る【スポットウォッチャー通知】

ルート案内中は、目的地に着くまでルート沿いの「スマートループ アイ スポット」の画像を近い順にライブインフォにて表示。スポットを通過すると、次のスポットの画像を自動で表示します。また、スポットを通過する前に情報の更新があった場合にも、カーナビが自動で新しい情報を表示します。「その先」のリアルな状況を画像で確認しながらドライブできるので、安心です。
  • スマートループ アイ 情報通知(ライブインフォ)
  • スマートループ アイ 情報通知(ライブインフォ)

周辺の「スマートループ アイ
スポット」を確認
【スマートループ アイ スポット周辺検索】

自車位置又は任意の場所周辺の「スマートループ アイ スポット」を検索。周辺の状況を画像で知ることができます。

  • スマートループ アイ スポット周辺検索
  • スマートループ アイ スポット周辺検索
  • ※Apple、iPhone、Lightningは、米国およびその他の国で登録されているApple Inc.の商標です。
    iPhoneは、日本ではAiphone K.K.からのライセンスにより使用されています。
    このページに掲載のメインユニットとApple製品を有線接続で使用した場合、Apple製品のワイヤレスパフォーマンスに影響が生じる場合があります。
  • ■記載の仕様および外観は改善のため予告なく変更することがあります。また各ユニットの画面写真ならびに表示は、別売オプションを接続している場合があります。
  • ■掲載の商品写真、取付例およびビジュアル等はすべて表現上のイメージです。写真の色(製品ボディ、イルミネーション等)は、サイトをご覧になるパソコン等の条件や設定などにより、実際の色と異なって見える場合があります。
  • ■各画面写真はハメコミ合成で、色および仕様等は実際と異なる場合があります。また、画面内の表記は機能を紹介するために用いた架空のものもあります。