プローブ情報システムによって実現すること

プローブ情報システムによってひとりひとりのユーザーから集められた走行履歴データをはじめとするあらゆるデータ。
それらは専用サーバーで解析・整理し、ドライブに役立つ便利な情報としてスマートループ参加ユーザーに還元されます。
自分ひとりのデータを提供するだけで、その他の参加者全員が持つ膨大かつ貴重な情報を手に入れることが可能。例えばVICSでわからない渋滞や地元の人しか知らないできたばかりのお店など、これまで知ることのできなかった価値ある情報を手に入れることで、ドライブがより便利かつ楽しいものへと生まれ変わります。

VICSを超える幅広い渋滞情報を実現する。【スマートループ渋滞情報™】

一般的に渋滞情報として用いられるVICSは、全国で利用されている有効な道路交通情報システムです。しかし、道路に設置されたセンサーを通じて道路状況を把握しているため、その整備がされていない道路の情報を取得・提供することはできません。
スマートループ渋滞情報™は、多角的な情報収集と最適なデータ処理を追求。VICS情報を一括する「オンデマンドVICS」に加え、全国を走る車両から得られるリアルタイムの情報、さらにサイバーナビや楽ナビから蓄積型プローブを通じて収集されたデータも有効に利用。
しかもリアルタイムプローブによる情報のアップロードを一度の通信で行うため、情報を効率的に収集、提供します。
日本全国の約33万kmの道路をカバーするモデルと全道路の約70万kmをカバーする2つのモデルがあります。
機能一覧/対応表はこちら
スマートループ渋滞情報™
VICS情報(一般的なカーナビ)
(対象道路:約7万km)
スマートループ渋滞情報™
(対象道路:約33万km)
スマートループ渋滞情報™
(対象道路:約70万km)

それぞれの取得道路を同じエリアで比較できます。

それぞれの取得道路を同じエリアで比較できます。
※対象道路は機種やデータのバージョンにより異なります。
インターナビ・プレミアムクラブ
お申込みはこちら

膨大なデータから、変化する渋滞を予測。【渋滞予測データ】

「スマートループ渋滞情報™」は、現在のリアルタイムな情報を把握することは可能ですが、今後変化する状況までを予測することはできません。そこで過去5年間に及ぶ膨大なVICS情報から、季節・曜日・大型連休・3連休・時刻・天気を基準に統計処理したデータに、「蓄積型プローブ」によりユーザーから提供されたVICSエリア外の道路を統計処理したデータを加えた「渋滞予測データ」をあらかじめ収録しルートに反映。仮にスマートループ渋滞情報™を取得していない場合でも一定レベルの渋滞を予測し、所要時間を把握することが可能です。
機能一覧/対応表はこちら
※2016年発売のサイバーナビはナビスタジオに対応していません。
スマートループ渋滞予測データ
※「渋滞予測マップ」の表示可否は機種により異なります。詳しくは取扱説明書でご確認下さい。

できたばかりのスポットなど、最新の地点情報が得られる。【地点情報バージョンアップ/地点情報ダウンロード】

注目スポットの施設など新規の地点データやスマートループ参加者から提供された地点情報をベースに独自調査に基づくデータを加えた地点データをダウンロード可能。
パソコンリンクソフト「ナビスタジオ」を用いて利用することが可能です。
機能一覧/対応表はこちら
地点情報バージョンアップ/地点情報ダウンロード

目的地の駐車場の入口までピンポイントで案内する。【駐車場入口情報】

地点情報ダウンロードやバージョンアップとして配信される地点情報データには、全国のスマートループユーザーと共有した正確な駐車場入口の位置情報(オートパーキングメモリーデータ)が含まれているため、初めて訪れた場所など、目的地には着いたけど駐車場の入口がわからないシチュエーションでも安心です。
機能一覧/対応表はこちら
スマートループ駐車場入口情報
ページTOPへ

目的地の混雑状況を予測。【駐車場混雑予測情報】

蓄積型プローブで収集した駐車場内外の走行履歴データを分析し、統計処理することで、駐車場の時間帯別の混雑予測情報を生成し、「駐車場混雑予測情報」を収録。対象施設を検索すると、駐車場の手前約500m から駐車スペースに駐車するまでの平均所要時間とピーク時の最大所要時間が時間帯別に確認できます。またこの情報は地点情報に添付されアップデートマネージャーでダウンロードすることができます。
機能一覧/対応表はこちら
スマートループ駐車場混雑予測情報
ページTOPへ