プローブ情報システムの仕組み

クルマ社会において、様々な情報共有を可能とする「プローブ」という仕組み。一台一台のクルマをセンサーとして活用することで、これまで得られなかった膨大な情報を収集し、精度高く全体を把握することを目標とするシステムです。

カロッツェリアの「スマートループ プローブ情報システム」では、「リアルタイムプローブ」に加え「蓄積型プローブ」を活用するハイブリッドプローブを採用。それぞれの情報を相互に最適化し活用することで、ドライブに関わる様々なシチュエーションでの有用な情報提供と新たな価値を実現します。

”今”の情報を共有できるリアルタイムプローブ

走行中にそれぞれのクルマからのリアルタイムなデータ収集を実現する「リアルタイムプローブ」。そのとき、その場の状況を共有し、ドライブに活用することが可能です。携帯電話や定額で利用できる専用の通信モジュールなどを用いて接続が可能です。

アップロードされるデータ

・走行履歴データ(走行履歴、走行速度)
・スマートループアイスポット
機能一覧/対応表はこちら
リアルタイムプローブの主な通信方法
ページTOPへ

様々な情報を共有できる蓄積型プローブ

「蓄積型プローブ」は、それぞれのユーザーのドライブにまつわる経験や知識、例えば偶然停止した信号待ちや、どのパーキングのどのゲートを利用したか、など、様々な情報をカーナビ内部に自動的に蓄積し、データ収集するシステム。
ドライブ時に得られた大量かつ多彩な情報は、家庭でのインターネット環境を利用し、ブロードバンド化による高速な回線を通じて、効率的かつ経済的にアップロードされます。
機能一覧/対応表はこちら

アップロードされるデータ

項目 詳細
走行履歴データ 走行履歴(走行距離・自車位置・走行速度・センサー状態など)
※最大約10,000kmの走行履歴データを蓄積
オートパーキング
メモリーデータ
駐車場入口の位置情報(緯度経度・進入方向・接続道路情報など)
地点データ 目的地設定した地点・立寄地設定した地点・検索した地点
・登録した地点(名称・緯度経度・登録日など)
設定データ 機能設定(ナビ設定・AV設定・地上デジタルTV設定など)
・AVソース履歴(使用時間・使用履歴・視聴放送局名履歴など)
・ミュージックサーバー情報(再生履歴・収録曲情報など)
燃費管理データ 燃費管理情報(メンテナンスマネージャーでの燃費管理履歴など)
音声認識データ 音声認識結果履歴・音声認識学習状況
通信履歴データ 取得コンテンツ履歴・通信機器の識別情報
※機種によっては項目に該当する機能を持っておらず、アップロードできない場合があります。
ページTOPへ