• 主な特長
  • 詳細一覧
  • 仕様・付属品・取説
  • 組み合わせ例
音質 調整能力 デザイン メディア フォーマット対応

理想の音響空間を創り上げるために。

複雑な調整をスムーズに操るために クルマの中での高音質を目指して

クルマの中での高音質を目指して

カロッツェリアxと同等の高度なシステムを構築【オートタイムアライメント&オートイコライザー(2ch)】

車室内に、より理想的な音を響かせるためには、その想いに応える自在なスピーカーシステムと細部にまで及ぶチューニングが欠かせません。「DEH-P01」の誇る4ウェイマルチアンプ・マルチスピーカーシステムは、HIGH/MID/LOW/SWそれぞれの音域を専用のアンプとスピーカーで再生する、ハイエンド・オーディオの世界でも用いられる高度なシステム。極めて精緻な調整能力によりシステムの能力を最大限に引き出し、乱れのない自然な音のつながりを実現します。さらに、そこで生まれる音を手軽に自動で調整できる「オートタイムアライメント&オートイコライザー(2ch)」も搭載。音響特性や位相の乱れといった、車室内に数多く存在するクルマ特有の音響的な問題を解決する、“音場制御”という考え方から導かれたその独自のテクロジーにより、あらゆるクルマで音のすべてを味わうことを実現しました。
HIGH/MID/LOW/SWそれぞれの音域(バンド)を専用のアンプとスピーカーで再生する、4ウェイマルチアンプ・マルチスピーカーシステムまで構築することができます。システムの能力を最大限に発揮するために不可欠なネットワーク機能やタイムアライメント機能を搭載し、各音域の設定条件を詳細にコントロールすることができます。
同梱アンプ使用例
外部アンプ使用例

【オートタイムアライメント&オートイコライザー(2ch)の測定・調整ステップ】

オートタイムアライメント&オートイコライザー(2ch)の測定・調整ステップ
全543ステップにもおよぶ測定と調整を約5分ですべてを自動で行い、車室内の音響特性を最適な状況に導きます。

各スピーカーユニットの能力を最大限に発揮【L/R独立「4ウェイデジタルクロスオーバーネットワーク」】

スピーカーにはそれぞれ再生に適した音域が存在します。そこでトゥイーターからサブウーファーまで帯域ごとに専用のスピーカーユニットを用い、それぞれを独立したアンプで駆動するのが、マルチアンプ・マルチスピーカーシステム。その構築においては、各チャンネルに送り込む信号の周波数帯域や出力レベル、そのつながりなどを最適に調整することが必要です。「DEH-P01」に搭載されたL/R独立のデジタルクロスオーバーネットワークは、手軽な2ウェイから本格的な4ウェイシステムにまで幅広く対応し、シンプルな操作で思い通りのチューニングを実現。カットオフ周波数の調整で各ユニットに最適な帯域を割り当てるのと同時に、その傾き(カットオフスロープ)を6段階から選択することにより、それぞれのつながりをも意のままに調整可能です。さらに左右独立で精細に設定可能なレベル調整により、シートの配列上避けることのできない聴取位置の違いによる音圧レベルの偏りまでも解消。また必要に応じ各ユニットの位相を個別に切替えることで、より自然な音のつながりを実現できます。これらのすべてが理想的な値に調整された時、各スピーカーユニットはその秘めたる真価を最大限に発揮し、ひとつのシステムとして美しく響き始めます。
クロスオーバーネットワーク調整画面例

4ウェイデジタルクロスオーバーネットワーク

  カットオフ周波数 カットオフスロープ 調整幅 位相(NOR/REV)
HIGH(LPF) 5 kHz、6.3 kHz、8 kHz、10 kHz、12.5 kHz、16 kHz、20 kHz -6 dB/oct、-12 dB/oct、
-18 dB/oct、-24 dB/oct、
-30 dB/oct、-36 dB/oct
0 dB ~ -24 dB
[1dBステップ]
HIGH(HPF) 800 Hz、1 kHz、1.25 kHz、1.6 kHz、2 kHz、2.5 kHz、3.15 kHz、4 kHz、
5 kHz、6.3 kHz、8 kHz、10 kHz、12.5 kHz、16 kHz、20 kHz
-6 dB/oct、-12 dB/oct、
-18 dB/oct、-24 dB/oct、
-30 dB/oct、-36 dB/oct
0 dB ~ -24 dB
[1dBステップ]
MID(LPF) 800 Hz、1 kHz、1.25 kHz、1.6 kHz、2 kHz、2.5 kHz、3.15 kHz、4 kHz、
5 kHz、6.3 kHz、8 kHz、10 kHz、12.5 kHz、16 kHz、20 kHz
PASS、-6 dB/oct、
-12 dB/oct、-18 dB/oct、
-24 dB/oct、-30 dB/oct、
-36 dB/oct
0 dB ~ -24 dB
[1dBステップ]
MID(HPF) 20 Hz、25 Hz、31.5 Hz、40 Hz、50 Hz、63 Hz、80 Hz、100 Hz、125 Hz、
160 Hz、200 Hz、250 Hz、315 Hz、400 Hz、500 Hz、630 Hz、800 Hz、
1 kHz、1.25 kHz、1.6 kHz、2 kHz、2.5 kHz、3.15 kHz、4 kHz、5 kHz、
6.3 kHz、8 kHz、10 kHz、12.5 kHz、16 kHz、20 kHz
PASS、-6 dB/oct、
-12 dB/oct、-18 dB/oct、
-24 dB/oct、-30 dB/oct、
-36 dB/oct
0 dB ~ -24 dB
[1dBステップ]
LOW(LPF) 20 Hz、25 Hz、31.5 Hz、40 Hz、50 Hz、63 Hz、80 Hz、100 Hz、125 Hz、
160 Hz、200 Hz、250 Hz、315 Hz、400 Hz、500 Hz、630 Hz、800 Hz、
1 kHz、1.25 kHz、1.6 kHz、2 kHz、2.5 kHz、3.15 kHz、4 kHz、5 kHz、
6.3 kHz、8 kHz、10 kHz、12.5 kHz、16 kHz、20 kHz
PASS、-6 dB/oct、
-12 dB/oct、-18 dB/oct、
-24 dB/oct、-30 dB/oct、
-36 dB/oct
+6 dB ~ -24 dB
[1dBステップ]
LOW(HPF) 20 Hz、25 Hz、31.5 Hz、40 Hz、50 Hz、63 Hz、80 Hz、100 Hz、125 Hz、
160 Hz、200 Hz、250 Hz、315 Hz、400 Hz、500 Hz、630 Hz、800 Hz、
1 kHz、1.25 kHz、1.6 kHz、2 kHz、2.5 kHz、3.15 kHz、4 kHz、5 kHz、
6.3 kHz、8 kHz、10 kHz、12.5 kHz、16 kHz、20 kHz
PASS、-6 dB/oct、
-12 dB/oct、-18 dB/oct、
-24 dB/oct、-30 dB/oct、
-36 dB/oct
+6 dB ~ -24 dB
[1dBステップ]
SW(LPF) 20 Hz、25 Hz、31.5 Hz、40 Hz、50 Hz、63 Hz、80 Hz、100 Hz、125 Hz、
160 Hz、200 Hz、250 Hz、315 Hz、400 Hz、500 Hz、630 Hz、800 Hz、
1 kHz、1.25 kHz、1.6 kHz、2 kHz、2.5 kHz、3.15 kHz、4 kHz、5 kHz、
6.3 kHz、8 kHz、10 kHz、12.5 kHz、16 kHz、20 kHz
PASS、-6 dB/oct、
-12 dB/oct、-18 dB/oct、
-24 dB/oct、-30 dB/oct、
-36 dB/oct
+6 dB ~ -24 dB
[1dBステップ]
SW(HPF) 20 Hz、25 Hz、31.5 Hz、40 Hz、50 Hz、63 Hz、80 Hz、100 Hz、125 Hz、
160 Hz、200 Hz、250 Hz、315 Hz、400 Hz、500 Hz、630 Hz、800 Hz、
1 kHz、1.25 kHz、1.6 kHz、2 kHz、2.5 kHz、3.15 kHz、4 kHz、5 kHz、
6.3 kHz、8 kHz、10 kHz、12.5 kHz、16 kHz、20 kHz
PASS、-6 dB/oct、
-12 dB/oct、-18 dB/oct、
-24 dB/oct、-30 dB/oct、
-36 dB/oct
+6 dB ~ -24 dB
[1dBステップ]
スピーカーシステム構築例
4WAY(フロント3WAY+SW)システム 3WAY(フロント2WAY+SW)システム
フロント3WAY+リアシステム フロント2WAY+リアシステム
フロント+リアシステム フロント2WAY+リア+SWシステム

リスニングポジションでの位相を正確に整える【タイムアライメント】

タイムアライメント調整画面例 リスナーと各スピーカーユニットの距離の偏りは、車室内での音楽再生において解決すべき大きな課題です。たとえネットワークが最適に調整されていたとしても、それぞれの再生音がリスナーに届く時間に差が存在する限り、美しいハーモニーを奏でることはできないからです。この微妙なズレを解消するデジタルテクノロジーが、各チャンネルの出力タイミングを高精度に調整するタイムアライメント。リスニングポジションと各スピーカーの距離を入力するだけで、それを1/40,000秒(0.77cm単位)の音波の遅延に自動換算します。これにより各ユニットが仮想的に等距離に配置されることとなり、リスナーへの音波の到達時にすべての位相が揃うため、正確な合成波形が得られます。その結果、音波の干渉による周波数特性の乱れが大幅に抑制されるとともに、目の前で演奏しているかのような明確な音像定位が実現するのです。

左右の音響特性の違いまで補正【L/R独立「31バンドデジタルイコライザー」】

イコライザー調整画面例 スピーカーから再生された音は、リスナーの耳に届くまでに様々な影響を受け、微妙に変化します。特に車室内環境においては、その複雑な形状や内装材によって生じる音の乱反射や減衰のため、周波数特性上に大きなピークやディップが発生します。「DEH-P01」に搭載されたデジタルイコライザーは、人間の可聴周波数帯域を1/3オクターブステップの合計31バンドに分割し、各帯域の音圧を48段階(0.5dBステップ)の細かさでコントロール可能。その高い自由度で周波数特性の乱れを意のままに補正し、限りなくフラットに近い音響特性を手に入れることができます。さらに音場感や定位感を乱す原因となる左右スピーカー間の周波数特性差までも、L/R独立に調整することで制御可能。すべてが最適にチューニングされた時、車室内は真に理想的なリスニング環境へと変貌します。

リスニングポジションに合わせて音楽が楽しめる【リスニングポジションセレクター】

リスニングポジション設定画面例 FR(フロント右座席)、FL(フロント左座席)、FRONT(フロント両座席)のリスニングポジション(聴取位置)を選ぶことにより、各チャンネルの音量とともにタイムアライメントが連動するため、選択した聴取位置で最適な音響を楽しむことができます。

ページTOPへ

複雑な調整をスムーズに操るために

多彩かつ高度な調整能力をすばやく直感的に操る【ロータリーコマンダー】

ロータリーコマンダー “回す”“押す”というシンプルな動作で、様々な機能の選択から詳細な設定までを自在に行える「ロータリーコマンダー」を採用。各種調整機能と画面が連動した操作感により、多彩かつ高度な能力をすばやく直感的に操れます。

目的の操作を分かりやすく日本語で説明する【日本語操作ガイド表示】

「DEH-P01」の高度な調整や設定も、日本語の説明に沿って簡単に操作できます。

走行時の操作でもスムーズに【ステアリング対応リモコン付属】

付属のリモコン 「DEH-P01」は走行時に必要となる機能と操作性を追求したステアリング対応リモコンによりスムーズで安全性の高い操作をサポートします。

純正ステアリングリモコンを活用【ステアリングリモコンアダプター対応】

別売のステアリングリモコンアダプターを用いることで、「ソースのオン/オフ」「ソースの切換え」「ボリュームのアップ/ダウン」「トラックのアップ/ダウン」などの本体操作が、使い慣れた車両の純正ステアリングリモコンで操作可能になります。
ステアリングリモコンアダプター対応
ステアリングリモコンアダプター
純正ステアリングリモコンを利用して、「ソースのオン/オフ」「ソース切換え」「ボリュームのアップ/ダウン」「トラックのアップ/ダウン」などの操作が行えます。

※株式会社カナック企画製です。この商品の仕様に関するお問い合わせは、販売店または株式会社カナック企画へお問い合わせください。
 ・電話番号:03-5660-1234
 ・受付時間:平日9:00~12:00、13:00~17:00(土・日・祝日・休日を除く)
詳しくはこちら

ページTOPへ

音質 調整能力 デザイン メディア フォーマット対応