carrozzeria

USEFUL

プロゴルファー山下和宏が実践!ストレスフリーなカーナビゲーションシステムー パイオニア・カロッツェリア  トヨタ・ヴェルファイア専用カーナビゲーションシステム ー

2017.12.25 [Mon]

0
000

プロの日常は移動の日々 プロの日常は移動の日々

多くのファンの視線が集中する中で放つ力強いショットこそプロゴルファーのハイライトだが、そこに至るまでの日常は過酷だ。練習はもちろんだが、シーズン中は毎週のようにツアーが組まれ、移動の日々が続くことになる。関西を拠点とし、今年でプロゴルファーとして20周年を迎える山下和宏プロにお話を伺った。

山下プロ  試合が終わった日曜日の夜に自宅に戻って、翌日はまた次のトーナメント会場に向けて出発するようなことが多いですね。

遠隔地への移動は飛行機でこなす山下プロだが、愛車で移動することも多いという。

山下プロ  400キロくらいの距離ならクルマで行きますね。飛行機だと荷物を別に送らなくてはならないし、あとクルマはプライベートな空間だから好きということもあります。試合中は色々と人に見られるし、自分のペースで移動できる点も気に入っています。

山下プロのプライベートな移動空間に欠かせないものはいくつかあるが、その筆頭が賢いカーナビゲーションシステムだろう。

山下プロ  自分のクルマのナビは使い慣れているから問題ないのですが、レンタカーに付いているナビはとんでもない道を提示してきたりするので、ストレスに感じる時がありますね。

高精細で広視野角の
専用大画面液晶パネル。

同乗者からもモニターが見やすいよう、広い車室内にふさわしい広視野角の大型・高画質のパネルを専用設計。映像の細かいニュアンスまで美しく再現します。

専用大画面10V型

高解像度XGAモニター

高精細

高コントラスト

広視野角

専用設計の美しい仕上がりと優れた使い勝手 専用設計の美しい仕上がりと優れた使い勝手

今回山下プロに試してもらったナビゲーションシステムはパイオニア・カロッツェリアのサイバーナビ、AVIC-CE901VE-Mで、トヨタ・ヴェルファイア用に専用設計されたものが装着されている。

山下プロ  画面がすごく大きくて見やすいですね。純正のナビと同じように周囲のデザインに馴染んでいる点も違和感がなくていい。手元のスマートコマンダーを使えばわざわざ画面に左手を伸ばさずに操作できる点も気に入りました。

高精細Excel Lumina HDパネルを用いた10V型のワイド画面を持った最新のサイバーナビは、画面のすぐ下に配されるスイッチパネルも含めてパイオニア・カロッツェリアによってデザインされたもの。ヴェルファイアのセンターコンソールにスッキリと収まった外観は純正のナビのようにマッチングがいい。ドリンクホルダーの片側を利用して配置されたスマートコマンダーはブルートゥースによってナビをコントロールする。

今回撮影に使用したトヨタ・ヴェルファイアには後席の天井に配された10.1V型ワイドXGAのフリップダウンモニターをはじめ、フロントシートのヘッドレスト後ろにプライベートモニター、そして24時間車輛の状態を見張るカメラ連動のマルチドライブユニットも組み込まれている。

ストレスフリーな移動に欠かせないスーパールート検索 ストレスフリーな移動に欠かせないスーパールート検索

さっそく山下プロにタッチパネルを使って今回の目的地である千葉のカレドニアン・ゴルフクラブを入力してもらう。するとすぐに6本の推奨ルートが提示された。

山下プロ  スマホと同じようにフリック入力ができるので短い時間で目的地を設定できるんですね。しかも自分が想像していたルート以外に、到着時間や高速料金などによるアナザーチョイスを提案してくれる機能も良く出来ていると思います。
トーナメントが行われるコースは1年ぶりに訪ねることが多いので移動は完全にナビ頼みになります。だから賢いナビの存在は助かります。

従来のルート検索では最短距離を探索するものが多かったが、スーパールート検索では多少遠まわりをしても目的地に最速で到着するルートや、最速ルートに比べて少し時間はかかるが高速代を節約できるルートといった実用的な探索が可能になっている。
山下プロは6ルート全ての到着時間とETC割引も含めた料金が詳しく表示される点も気に入っていた。

山下プロ  最速ルートの他に、節約ルートや効率ルートを提案してくれる機能は便利ですね。時間に余裕がある時は一般道を走る距離が少し長くなっても問題ない場合がありますから。

幾千もの候補から理想に最も近いルートをサーバー上で導き出す。
次世代のルート探索「スーパールート探索」

都内からカレドニアン・ゴルフクラブまでは穴川経由、成田経由が考えられますが、迷うポイントは?

  • 穴川経由と成田経由 どっちが早く着く?
  • 料金はどのくらい 違うの?
  • ICはどこで降りるのが ベストなの?

膨大なルートから至上の1本を算出

穴川経由

穴川経由

成田経由

成田経由

検証結果

状況に合わせて、よりベストなルートが選択できる

時間をとるなら

穴川経由の方が13分早く到着する

金額をとるなら

成田経由の方が250円安く行ける

時刻や休日などで変化する
ETC割引料金も考慮したより実用的なルートを提案!

カロッツェリア独自の専用サーバーには、過去10年間で培ったスマートループのノウハウと、膨大なデータを集積。その膨大なデータと独自の「ルートアルゴリズム」により、早く着くルートだけでなく、時間と料金の効率を考慮し、幾千ものルートの候補からドライバーにとって最適かつ効率的なルートまでも瞬時に導き出します。

予定の到着時刻通りに、最後までしっかり道案内 予定の到着時刻通りに、最後までしっかり道案内

少し混み合った首都高速を抜け、千葉東金道路を通ってカレドニアン・ゴルフクラブへと向かう。このコースでは今年9月にダイヤモンドカップが開催され、山下プロも参加している。

山下プロ  トーナメント当日の朝はいつも決まったルーティンをこなすことに決めています。食事をしてストレッチをして、それから練習します。だから会場には遅くても2時間前に着くようにしているんです。できるだけ渋滞にハマるようなことは避けたいんですが、そんな時でもナビの到着時間表示が正確だとストレスがひとつ減ります。

東関東自動車道を抜けいよいよカレドニアン・ゴルフクラブが近づいてくる。目的地が近づくにつれ到着予想時間は僅かに早まったが、それでもほぼ目的地設定した当初の時間に近い。
しかもサイバーナビは目的地の駐車場までしっかりと案内してくれる。膨大な情報量を誇るパイオニア・カロッツェリアだからこそ可能なサービスといえるだろう。

山下プロ  目的地付近まで来ると案内が終了してしまうナビもあるし、指示通りに走って到着してみたらコースの裏手だったみたいなこともありましたね。 サイバーナビは今までのナビとは確実に違いますね。

時間を考慮した高度な計算で実用的なルートを探索

「スーパールート探索」は時間の観点とともに、複雑に変化するETC割引料金も考慮するので、導き出されたルートの中から時間と料金のどちらを優先するかを見比べながら、より実用的なルートを選択することが可能となります。
これからは「行きはお金をかけても少しでも早く」、「帰りは時間があるから節約しながらゆっくりと」など柔軟なルート選択が可能となります。

  • 目的地を一度通り越してのルート探索イメージ
  • 一番近いICにこだわらない効率的なルート探索イメージ
  • 目的地方向のICにこだわらない効率的なルート探索イメージ
  • 目的地を一度通り越してのルート探索イメージ
  • 目的地を一度通り越してのルート探索イメージ
  • 目的地を一度通り越してのルート探索イメージ
  • 目的地を一度通り越してのルート探索イメージ
  • 目的地を一度通り越してのルート探索イメージ
  • 目的地を一度通り越してのルート探索イメージ
  • 目的地を一度通り越してのルート探索イメージ

ボタンをタッチすると情報表示の詳細を確認できます。

  • 目的地を一度通り越してのルート探索イメージ
  • 一番近いICにこだわらない効率的な
    ルート探索イメージ
  • 目的地方向のICにこだわらない効率的な
    ルート探索イメージ
  • 目的地を一度通り越してのルート探索イメージ
  • 一番近いICにこだわらない効率的なルート探索イメージ
  • 目的地方向のICにこだわらない効率的なルート探索イメージ

クルマの中で新たな音楽と出会う、ミュージッククルーズチャンネル クルマの中で新たな音楽と出会う、ミュージッククルーズチャンネル

クルマ移動はひとりでドライブを楽しむことが多いという山下プロ。
そんな時もちろん車内にはお気に入りの音楽が流れている。

山下プロ  クルマでは色々な曲を聞きますよ。最新のものよりは少し古めの曲をCDで流したりしますね。

最新のサイバーナビはスマホと連動してドライブに最適な音楽と提供する新音楽ストリーミング機能、ミュージッククルーズチャンネルを搭載している。
これはレコチョクの膨大な楽曲をジャンルや年代、気持ちやシチュエーション等によってチャンネル分けしたもので、好みに合わせてノンストップで音楽が楽しめるプログラム。良く聴く曲の傾向をくみ取り、レコメンドするチャンネルを自動で提示してくれる機能もある。
山下プロはバブル時代のヒット曲を集めたチャンネルが特に気に入った様子だ。

山下プロ  自分でいちいち曲を選ばなくてもレコメンドしてくれるのはありがたい。しかも選曲が的確で、まるでボクの音楽の好みを知っているDJがナビの中にいるみたい。ボーカルだけをカットしてカラオケを楽しめるのも面白そう。
それとこのシステムはとても音がいいと思いました。

車種専用開発によって得られる効果はユニットを装着した際のすっきりした見た目だけではない。
サウンドに関してもパイオニアに所属する音のプロフェッショナル、「Expert Tuningチーム」が、ヴェルファイアに最適な音響特性を作り出しているのである。

クルマの中で、新たな音楽と出会い続ける

music cruise channel

気分に合わせて音楽が楽しめる

気分に合わせて音楽が楽しめる

楽曲に合わせて歌詞を色塗り!車内でカラオケができる

楽曲に合わせて歌詞を色塗り!車内でカラオケができる

家族全員で楽しめるリアセパレートモード 家族全員で楽しめるリアセパレートモード

シーズン中は精力的にツアーをこなす山下プロだが、自宅に戻れば小学生の二人のお子さんの良きパパ。シーズンオフになると家族でドライブ旅行に出かけることも多いという。そんな時、家族全員で楽しめる移動空間が重宝する。サイバーナビとリアモニターをリンクさせることで全てのモニターで同じAVソースを映すこともできるし、リアセパレートモードを選んで前席と後席で別々の音や映像を楽しむこともできる。

山下プロ  リアシートの前に取り付けられているモニターもナビのモニターと同じくらい映りがキレイですね。家族みんなで同じ音楽を楽しめたらそれに越したことはありませんが、長い移動になるとそう上手くはいきませんね。子供たちは自分の好きなDVDを見たくなるだろうし、僕と妻はゆったりとした音楽を聴きたくなる。
そんな時に前と後ろの空間ごとに聞こえる音までしっかりと分けてくれるリアセパレートモードは助かりますね。

リアセパレートモードではボリュームのコントロールも前と後ろの空間で別々に設定できる。車種専用開発だからこそ音の棲み分けもちゃんと実現できるのである。

前席と後席、それぞれの楽しみを
リアセパレートモード

前席だけ、後席だけ、前席後席別々など様々な空間を創造することができる「リアセパレートモード」。リアスピーカーからの音声出力を「フロントAVソース」から「リアAVソース」に切換えれば、カンタンに一つの車室内が二つのエンタテインメント空間に早変わり。まさに後席専用の空間に。
ボリュームのコントロールも前後個別に行えます。前席では熱狂のライブで盛り上がりながら、後席では持ち込んだDVDで映画の世界観に浸るなど、ドライブ中のすべての時間がすべての同乗者にとって満足のいくものとなります。

追い求めているのは予測通りの結果 追い求めているのは予測通りの結果

サイバーナビを装着したトヨタ・ヴェルファイアで1日を過ごした山下プロは、慣れた手つきでタッチパネルを操作し、すっかりこのナビが気に入った様子だ。

山下プロ  そうですね、気に入りました。
カーナビの好みって、クラブを選ぶ時の条件と似ていると思いました。予測と結果なんですよ。握ってみた雰囲気とか見た目でこれくらい飛ぶんじゃないかと予測して、実際に打ってみた時に想像通りだと『これにしよう!』と思う。
サイバーナビはルート案内もミュージッククルーズチャンネルもまさにそんな感じでした。1日触れただけですが『やっぱりそこに来たか』という安心感に加えて、ルート探索も音楽も、意外な提案があって感心させられましたね。ルート探索だけではない、最新のサイバーナビの進化に本当に驚かされました。

ほんのちょっとで、すっごく変わる

DID YOU KNOW? DID YOU KNOW?

「カーナビだけ」「リアモニターだけ」でももちろん役立ちますが、
カロッツェリアのアイテムを組合わせてシステムを構築することで、
より楽しさと便利さがUPします。

山下プロが今回使用した
カロッツェリアのアイテム

サイバーナビ
(ヴェルファイア専用タイプ)

AVIC-CE901VE-M

商品の特長を詳しく見てみよう!

プライベートモニター

TVM-PW1000T

商品の特長を詳しく見てみよう!

サイバーナビ(ヴェルファイア専用タイプ)

AVIC-CE901VE-M

商品の特長を詳しく見てみよう!

プライベートモニター

TVM-PW1000T

商品の特長を詳しく見てみよう!
トップページへ