本サイトはスタイルシートを使用しております。
お客様がご使用のブラウザはスタイルシート非対応のため、表示結果が異なっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

Pioneer
ナビスタジオ>ナビスタジオ Ver.5.0

ナビスタジオバージョン5

パソコンリンクソフト「ナビスタジオVer.5.0」をお使いいただくと、最新の地図データやスマートループ渋滞情報、ウェザーライブをネットワーク経由で取得したり、登録地点や画像データをパソコン上で編集し、SDカード経由でナビゲーションに転送し利用することができます。また、BeatJamを使用すれば、 音楽CDを録音したり、パソコン内にある楽曲データをMSVに転送して聴くことができます。

最新版をダウンロード

リリース日:2015年11月17日

Windows® 10への対応について

現在Windows® 10でナビスタジオをご利用いただいた場合、下記の制限が生じております。
その他の機能(アップデートマネージャー等)は問題なく動作することを確認しております。
ご利用中のお客様にはご不便をお掛けいたしますが、ご理解の程お願いいたします。
・クルーズスカウターユニットをお使いのお客様へ
 スカウターマネージャーにて音声の再生ができない場合があることを確認しております。
・Microsoft Edge®を既定のブラウザに設定されているお客様へ
 ナビスタジオからブラウザを起動する際に、別のブラウザを開く場合があることを確認しております。

Windows® 8.1への対応について

ナビスタジオは、アプリケーションを最新にすることによりWindows® 8.1にてご利用いただけます。
現在、最新版よりも前のバージョンをご利用のお客様は、最新のナビスタジオをインストールすることをお勧めいたします。

Windows® 8サポート終了のお知らせ

Microsoft®社のWindows® 8サポート終了に伴い、弊社ナビスタジオの対応OSとしても、Windows® 8のサポートを終了させていただきます。
今後Windows® 8での動作に関してのお問い合わせには回答いたしかねますので、あらかじめご了承ください。

ご注意

ナビスタジオを初めてご利用される際には、ナビゲーションで登録されたSDカードが必要です。SDカードの登録方法はナビゲーションに付属の取扱説明書をご確認ください。

Windows®Vistaでご使用になるには、Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1がインストールされている必要があります。 インストールされていない場合はMicrosoft®社のダウンロードページ からダウンロードしインストールしてください。

ご注意

ナビスタジオをVer.5.0.9以降にバージョンアップした場合、Ver.5.0.8以前のナビスタジオにてダウンロードされた地図等のデータを以下の方法で削除することができません。

不要となった地図等のデータは、お客様ご自身で削除を行っていただけますようお願いいたします。 削除可能なデータフォルダ・ファイルは以下の通りです。
フォルダ : 00、01、03、04、05、07、08、09、0A
ファイル : DL.LST、DL.DAT

お知らせ

2016年3月24日 2015年度 プログラムデータ(2015-3)
アップデートプログラムを公開いたしました。
→詳細につきましては、こちらをご覧ください。
2015年8月27日 2015年度 プログラムデータ(2015-2)
アップデートプログラムを公開いたしました。
→詳細につきましては、こちらをご覧ください。
2015年5月28日 2015年度 プログラムデータ(2015-1)
アップデートプログラムを公開いたしました。
→詳細につきましては、こちらをご覧ください。
2015年1月22日 2014年度 プログラムデータ(2014-4)
アップデートプログラムを公開いたしました。
→詳細につきましては、こちらをご覧ください。
2014年9月18日 2014年度 プログラムデータ(2014-3)
アップデートプログラムを公開いたしました。
→詳細につきましては、こちらをご覧ください。
2014年6月30日 2014年度 プログラムデータ(2014-2)
アップデートプログラムを公開いたしました。
→詳細につきましては、こちらをご覧ください。
2014年6月3日 2014年度 プログラムデータ(2014-1)
アップデートプログラムを公開いたしました。
→詳細につきましては、こちらをご覧ください。
2014年4月10日 2013年度 プログラムデータ(2013-7)
アップデートプログラムを公開いたしました。
→詳細につきましては、こちらをご覧ください。
2014年3月11日 2013年度 プログラムデータ(2013-6)
アップデートプログラムを公開いたしました。
→詳細につきましては、こちらをご覧ください。
2014年2月27日 2013年度 プログラムデータ(2013-5)
アップデートプログラムを公開いたしました。
→詳細につきましては、こちらをご覧ください。
2014年1月23日 2013年度 プログラムデータ(2013-4)
アップデートプログラムを公開いたしました。
→詳細につきましては、こちらをご覧ください。
2013年9月19日 2013年度 プログラムデータ(2013-3)
アップデートプログラムを公開いたしました。
→詳細につきましては、こちらをご覧ください。
2013年7月18日 2013年度 プログラムデータ(2013-2)
アップデートプログラムを公開いたしました。
→詳細につきましては、こちらをご覧ください。
2013年6月20日 2013年度 プログラムデータ(2013-1)
アップデートプログラムを公開いたしました。
→詳細につきましては、こちらをご覧ください。

アップデートのお知らせ

2015年11月17日 Ver5.0.9→Ver.5.0.10の変更点

1.ランチャーで、蓄積型プローブ情報の送信処理が正しく行われない場合がある症状を改善しました。

2.アップデートマネージャーで、ダウンロードデータの保存先が変更できない場合がある症状を改善しました。

2015年10月20日 Ver.5.0.8→Ver.5.0.9の変更点

アップデートマネージャーで、ダウンロードデータの保存先を変更しました。

上記「ご注意」の内容も併せてご確認ください。

2015年5月19日 Ver.5.0.7→Ver.5.0.8の変更点

1.アップデートマネージャーで、データをSDカードへ転送する時の動作を改善しました。

2.スカウターマネージャーで、ファイルへのアクセスが正しく行われなかった場合の処理を改善しました。

2014年11月13日 Ver.5.0.6→Ver.5.0.7の変更点

1.ウェザーライブ情報取得時の動作を改善しました。

2.スカウターマネージャーで、データベース最適化時の動作を改善しました。

3.スカウターマネージャーで、データベースファイル削除時の動作を改善しました。

2014年6月26日 Ver.5.0.5→Ver.5.0.6の変更点

1.Windows8.1上で、正しく動作しない症状を改善しました。

2.メンテナンスマネージャーで、編集内容がナビゲーションに反映されない場合がある症状を改善しました。

3.ランチャーで、渋滞情報を正しく取得できない場合がある症状を改善しました。

4.スカウターマネージャーで、ドライブメモリー映像ファイルの登録/削除時の動作を改善しました。

2014年2月13日 Ver.5.0.4→Ver.5.0.5の変更点

ランチャーで、蓄積型プローブ情報のアップロード時のメッセージ表示を改善しました。

2013年12月12日 Ver.5.0.3→Ver.5.0.4の変更点

1.ランチャーで、渋滞情報を正しく取得できない場合がある症状を改善しました。

2.アップデートマネージャーで、SDカードへのデータ転送が失敗する場合がある症状を改善しました。

2013年11月26日 Ver.5.0.2→Ver.5.0.3の変更点

1.アップデートマネージャーで、非対応モデルのSDカードにデータ転送する症状に対応しました。

2.アップデートマネージャーで、SD転送の残り時間表示の精度を向上しました。

3.Microsoft®.NET Framework 3.5 のインストール手順を改善しました。

2013年9月12日 Ver.5.0.1→Ver.5.0.2の変更点

ランチャーで、機種名称が表示されない場合がある症状を改善しました。

2013年8月8日 Ver.5.0.0→Ver.5.0.1の変更点

1.ランチャーで、蓄積型プローブ情報の送信処理が正しく行われない場合がある症状を改善しました。

2.スカウターマネージャー、メンテナンスマネージャーで、地図が表示されない場合がある症状を改善しました。

NAVI OFFICE の機能
ナビスタジオ5 ランチャー画面
機能画面

お客様情報

お客様登録、お客様登録/認証、スマートループ利用登録をWebページ上で行うことができます。

MapFan Web for カロッツェリア

MapFan Web for カロッツェリアの専用Webページにアクセスし、最新の地図や豊富なスポット情報を利用して、地点検索/保存、ルート作成/保存が行えます。保存したデータはナビゲーション本体へ簡単に転送することもできます。
※ ご利用には、スマートループの利用登録とMapFan会員IDの登録が必要です。

BeatJam 5 for carrozzeria

音楽CDの録音、パソコン内の楽曲データ(WMA、MP3、AAC、WAV形式)をSDカード経由でナビゲーションに転送して、 ミュージックサーバーで聴くことができます。また、ミュージックサーバーのプレイリスト情報編集やCDタイトルデータベースにアクセスして最新のタイトル情報を取得できます。
詳細は、こちらをご覧ください。

メンテナンスマネージャー

ナビゲーションで使用する登録地点や画像データ(登録地点画像、オープニング画像、プレイリスト画像)の編集を行い、SDカード経由でナビゲーションで使用できます。

スカウターマネージャー

クルーズスカウターユニットで録画された連続録画、イベント録画映像を、映像に記録されている走行履歴情報と 同時に再生したり、編集できます。

アップデートマネージャー

「全データ」「道路データ」「地点情報データ」など各種データのダウンロード、オービスライブの購入・ダウンロードなどができます。

蓄積型プローブ情報アップロード

蓄積型プローブ情報が保存されたSDカードをナビスタジオが認識すると、自動的に情報をアップロードします。
アップロードされた情報は統計処理を行った上、スマートループ渋滞情報™としてお客様に還元されます。

使用機種変更

ナビスタジオで認証済みの機種一覧表示、使用中機種の切り替えやパソコンからの機種削除を行うことができます。

インフォチャージ

渋滞情報やウェザーライブを自動的にダウンロードします。
SDカードに保存されたデータは、そのままナビゲーションで使用できます。

※ 詳細な説明はナビスタジオのオンラインヘルプ、またはBeatJamのヘルプをご覧ください。
※ 発売時点の情報であり、予告無く変更する場合があります。

動作環境

OS:

Microsoft® Windows® Vista
Home Basic (SP2以降)
Home Premium (SP2以降)
Business (SP2以降)
Ultimate (SP2以降)

※32bit日本語版のみ対応
(64bit版には対応しておりません)

Microsoft® Windows® 7
 Home Premium (SP1以降)
 Professional (SP1以降)
 Ultimate (SP1以降)

※64bit版では、32ビット互換モード
(WOW64)で動作します
※日本語版のみ対応

Microsoft® Windows® 8.1 / Pro

※64bit版では、32ビット互換モード
(WOW64)で動作します
※日本版のみ対応
※Windows RTには非対応

CPU Intel® Pentium® III プロセッサー
800MHz 相当以上
(推奨 インテル® Pentium® 4
プロセッサー 2.8GHz 相当以上)
Intel® Pentium® III プロセッサー
1GHz 相当以上
(推奨 インテル® Pentium® 4
プロセッサー 2.8GHz 相当以上)
Intel® Pentium® III プロセッサー
1GHz 相当以上
(推奨 インテル® Pentium® 4
プロセッサー 2.8GHz 相当以上)
メモリ 1GB以上(推奨 2GB以上) 32bit版:1GB以上
64bit版:2GB以上
(推奨:2GB以上)
32bit版:1GB以上
64bit版:2GB以上
(推奨:2GB以上)
HDD 100MB以上のハードディスク空き容量が必要  (全データ更新時には約16GBのハードディスク空き容量が必要)
ディスプレイ 解像度1024x768・発色数16ビット(65536色)以上で表示可能なディスプレイ
インターネット
接続環境
ブローバンド環境必須 推奨通信速度:上り 500kbps以上/下り 500kbps以上(推奨 光回線やCATV環境)
対応ブラウザ Microsoft® Internet Explorer® 7 以降
Mozilla Firefox 3.0以降
Microsoft® Internet Explorer® 8 以降
Mozilla Firefox 3.0以降
Microsoft® Internet Explorer® 11 以降
Mozilla Firefox 3.0以降
スカウター
マネージャー機能
スカウターマネージャー機能を使用する場合は、以下のWindows標準の動画圧縮コーデックをご使用ください。
フリーのコーデックを使用した場合は動作しない場合があります。
・MS-MPEG4 Video Codec Part2
・ISO MPEG-4 コーデック バージョン 1.1
その他 ・インストール時、使用時ともにシステム管理者(Administrator)権限が必要です。
・初回ご利用時はナビゲーションにてSDカードの初期登録を行なっていただく必要があります。
・Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1がインストールされている必要があります。
・本製品には、Apache Software Foundation が無償で配布しているソフトウェア(log4net for .NET Framework 2.0Version1.2.11.0)を含んでいます。著作権、所有権の詳細についてはインストールフォルダにあるlicense_log4net.txtを参照してください。
・SDHC/SDXCメモリーカードを読み書きできるパソコン環境が必要です。お使いのパソコンがSDHC/SDXCメモリーカードに対応していない場合は、市販のUSBカードリーダーなどをご使用ください。
・シンボリックリンクでの動作保証はしておりません。
注意事項 ・上記の条件を満たすすべてのパソコンで動作を保証するものではありません。
・OSのアップグレード環境、マルチブート環境、自作パソコン、タブレットパソコンでの動作は保証しておりません。
・Macintoshは非対応です。
・Modern UI design機能は非対応です。
・パソコンの環境によっては、SDカードが認識できなかったり一部機能をご利用頂けないなどの症状が発生する場合があります。その際の損失ならびにその他の直接または間接的な障害につきましては、当社および販売店等に故意または重過失がない限り、当社および販売店等はその責任を負いません。
・パソコン環境に関するお問い合わせは、パソコン購入元の各メーカー、または販売店にお願いします。
↑ページ先頭へ