地図・プローブデータ活用
サービス

災害時通行実績データ

通行実績データの仕様

データ形式 KMZ(KML形式のファイルをZIP圧縮)
KML(Keyhole Markup Language)は、Google Earthによって広められたXML形式
ファイル構成 全国1ファイル
データ仕様 ファイル1:1時間毎に過去1時間分を集計
ファイル2:1時間毎に過去2時間分を集計
データ生成ルール 3台以上の通行実績

サンプル画像

東京近辺(背景地図あり)

関東(背景地図あり)

関西(背景地図あり)

ご契約について

  • 契約の単位は法人ごととなります。
  • ご利用金額は、年額50,000円(税別)~となります。詳しくは下記のサービスプロバイダーへお問い合わせください。

データ提供

サービス提供

導入済みまたは導入予定のBCPシステムに「通行実績データ」を地図表示する機能が無い等の理由で、独自のシステムを当社に直接接続することをご希望される場合は、初期接続手数料 50,000円(税別)と年間利用料 100,000円/年(税別)が別途必要になります。

是非、お問い合わせください
独自サービスへの組み込みを検討されている、上記のサービスプロバイダーにおいて対応が難しい、あるいは他のプローブデータとの併用が必要などお気軽に「お問い合わせフォーム」にて当社へお問い合わせください。
お問い合わせ