医療・健康機器関連

パイオニアだから生まれた、
小型でウェアラブルな研究用レーザ血流計。

光ディスクシステムで培った技術を応用

測定結果のアーティファクト(ノイズ)を低減し、日常生活やスポーツ時などにも使用できるウェアラブルな血流計を開発するため、パイオニアが長年培ってきた光ディスクの読み取り技術を応用しました。

光ディスクシステム/血流センサ(研究用レーザ血流計)

拡大画像はこちら

自社開発の小型血流センサ素子を搭載

プローブに内蔵した小型センサを体表に接触させ、血流量を測定します。独自のセンサ回路によるアーティファクトの低減や、本体の小型化・軽量化にも成功し、ウェアラブルで動作を行いながらも安定した血流計測が可能となりました。

独自センサ回路