業務用BD/DVD/CDドライブトップ > BDR-PR1MC
業務用BD/DVD/CDドライブ
お客様サポート



BDR-PR1MC

特長

検査機能により 改正 JIS Z6017 準拠のディスク管理が可能。

改正JIS Z6017 で定められるバーストエラー※1とRSER※2を分離した測定が可能。 高価なディスク検査装置同等の高精度測定により、確実なアーカイブディスク管理ができます。 DVD/CDに対して定められる測定機能も備え、さまざまな光ディスクアーカイブ用途において、製作時の検査および管理を確実に行うことができます。

※1 バーストエラー:ディスクの欠陥、傷、汚れ等による局所的なエラー ※2 RSER(Random Symbol Error Rate):40バイト長を超えるバーストエラーを除いて測定したBDのエラーレート

ディスク品質検査ソフトウェア「Pioneer Error Rate Utility」

付属ソフトウェアにより、JISZ6017に準拠したディスク品質検査(初期/定期)を容易に行うことができます。 測定データや検査結果の保存機能も備え、ディスク品質の解析や、アーカイブディスク納品時の提出資料の作成にもご活用頂けます。

※ 詳細は、こちらをご参照ください。(PDF: 500 KB) Pioneer Error Rate Utility

BD/DVD/CD 各種アーカイブディスクサポート。

「オプティカル・アーカイブ・グループ(OPARG)」参加企業から提供される各種アーカイブディスクを専用の記録設定によりサポートしています。 ばらつきの少ない専用ディスクに合わせピンポイントにチューンしたことにより最良の記録特性をもたらし、長期アーカイブを可能としています。

大容量「100GB BD-R XL™」業務用アーカイブディスクに対応。

BD-R XL ディスクにおいても、厳選された専用ディスクとの組み合わせにより、200年アーカイブを可能とする記録特性を実現しました。 100GB BD-R XL に対応したことで、大容量データのアーカイブにおいてスペースメリットをもたらします。

業務用途専用の高信頼性設計。

ダストシールド構造によりドライブ内部への塵埃の流入を防ぎ、従来品に比べて3倍の高い塵埃耐久性を実現。 また、トレイ機構部品の設計及び摺動部の潤滑を見直すことで、ローディング耐久性を大幅に向上しています。

主な仕様
アーカイブディスク書き込みBD-R4xCLV
-R DL4xCLV
-R TL4xCLV
DefectManagemnt for Archive 搭載
DVD-R6xCLV
CD-R16xCLV
品質検査速度BD-R4x
-R DL4x
-R TL4x
DVD-R6x
CD-R10x
読み出し速度BD(1層)8x Max
BD(2層)8x Max
BD(3層)4x Max
DVD(1層)16x Max
DVD(2層)12x Max
CD40x Max
インターフェースSerial ATA Revision 3.0
バッファーメモリサイズ4 MB
設置姿勢横置き・縦置き
寸法・質量148 mm × 42.3 mm × 181 mm (W × H × D) 750 g
付属ソフトウェアPioneer Error Rate Utility

※ ライブラリー/パブリッシャー仕様とPC内臓ドライブ仕様があります。仕様表はこちら(PDF: 124 KB)
サポートメディアに関する情報はこちら(PDF: 84 KB)
※ 仕様及び外観は予告なく変更することがあります。