pioneer

資料請求・お問い合わせ

大量の地点を登録地とし、カーナビで案内!「SDカード地点検索機能」

大量の地点を登録地データ化し、SDカードによって複数のカーナビで共有することが可能。
一般の市販カーナビでは出来ない、大量の登録地へのルート誘導を可能にします。
さらに、ひとつひとつのカーナビに地点を登録するのではなく、
SDカード内のデータを共有するタイプなので、社内での複数利用を手軽に実現します。
理論値では最大2,700万件となりますが、実際の件数はカードの容量・画像データの有無によって異なります。
例:16GBのカードでは最大380万件程度。
地点それぞれに、詳細なコメントや画像を添付できるとともに、地点群は最大3階層までのフォルダ構造に対応。
例えば第一階層から「市単位」「区単位」「町単位」と、区分けし管理できるなど、優れた操作性も兼ね備えています。
検索メニュー表示例 コメント添付例
画像添付例  
最大3階層のフォルダ構造イメージ
※階層ごとに300までのフォルダや地点の登録が可能。
SDカード内のデータを検索する際に、前回検索した地点を先頭行に表示するラストカーソルメモリー機能に対応。配送先など順番にルート誘導する場合に便利です。
その他車載機との接続が必要ないため、システムの導入も手軽です。
特に、企業様で地点の緯度経度データを保有されていれば、弊社が無償で提供するパソコン用アプリケーションに、それらのデータを反映するだけで済みます。
住所データ等しかない場合は、別途ご相談ください。
ローカル型&取扱い運行管理サービストップに戻る
閉じる