様々な業務に自在に活用できるB.PROカーナビ。
その活用の一例をご紹介します。

活用例01

それぞれの使いやすさに
特化できるオリジナルナビメニュー

お客様が開発するカーナビを操作するためのアプリを追加し、
用途に応じたオリジナルのメニューで動作させることが可能です。

オリジナルメニュー参考例

※画面はイメージです。

※画面はイメージです。

活用例02

作業実績の記録・管理が行える
業務入力画面

ドライバーが、カーナビ上の動態ボタン(到着、出発、休憩、緊急など)を押すことで、
車両ごとの作業状況をセンター側で把握できます。

「AVIC-BZ500-B2V/BX500-B2V」動態ボタン表示例

動態管理用のアプリを追加すれば、
オリジナルの業務入力画面を用意できます。

※画面はイメージです。

活用例03

様々な車載機器のインターフェースを
集約できる「車載機操作・画面表示」

外部機器を操作するためのアプリを追加することで、様々な車載機をカーナビのタッチパネルを使って
操作することが可能です。また、追加アプリ経由で通信を行うことも可能。
複数の車載機の表示や操作、通信をカーナビに集約することで、操作性を向上させるとともに、
操作系や通信系のコストダウンを図った商品企画も検討いただけます。

※画面はイメージです。

活用例04

外部からルート探索を実行

外部側から、カーナビに向け、目的地を指示・送信することが可能。
これにより、カーナビで自動的に目的地までのルート探索が行われ、誘導・案内が開始されます。
さらに、外部側から立ち寄り地点の指定ができるほか、ルート探索の条件(距離優先、有料道路回避など)
を指定したり、電話番号による検索を行うことも可能です。

「AVIC-BZ500-B2V/BX500-B2V」表示例

活用例05

外部で車両の
位置情報を取得

GPS情報およびジャイロ/加速度センサー情報に基づいて、
車両の位置(緯度経度)・速度・進行方向や、時刻の情報を外部側で取得可能。
位置はマップマッチング後の値を出力。精度の高い位置取得を実現しています。
センター側での特定車両の位置把握のほか、走行記録による日報処理などにも活用できます。
その他にも、GPS情報やジャイロ/加速度センサー情報に基づいて、加速度情報(前後/左右)や方位変化量、
積算走行距離(オドメーター)が取得可能。安全運転解析や運行改善指示に活用できます。

活用例06

外部から画面に
メッセージを表示

カーナビの画面上に外部側から送信したメッセージを表示することが可能。また、音声で案内させることも可能です。
ドライバーは表示されたメッセージに対して、「はい・いいえ」などの応答を返すことも
できるので、たとえば指定先への訪問可否などがセンター側で確認できます。

「AVIC-BZ500-B2V/BX500-B2V」表示例

  • PDFカタログがご覧いただけます。

    カタログダウンロード
  • 導入のご相談やお見積りなど
    お気軽にお問い合わせください。

    B.PROカーナビのお問い合わせ