ビークルアシスト API

資料請求・お問い合わせ
ビークルアシスト APIサービス ビークルアシスト APIサービス

御社サービスを手軽に
「車両運行業務の統合管理サービス」に

「ビークルアシスト API」とは、自社で配車計画などのクラウドサービスを運営/管理している法人向けに、
カーナビをはじめとしたビークルアシスト対応車載端末と連携する仕組みや機能を提供し、業務の指示や進捗・実績の管理を、
正確かつ効率的に行える、「車両運行業務の統合管理サービス」へと強化するサービスです。
巡回コースの作成・指示、車両位置や業務状態の把握、日報の作成など、
車両運行の指示や進捗・実績を管理するための高度な機能を提供します。

活用例 配車計画サービスを出庫後の進捗/実績管理も可能な統合管理サービスに

既存の配車計画ソフトだけの場合 既存の配車計画ソフトだけの場合
↓
御社配車計画ソフトとビークルアシストをAPI連携した場合 御社配車計画ソフトとビークルアシストをAPI連携した場合

もし、これらの機能を御社が自前で開発、運用した場合、多大なコストと手間がかかりますが、
「ビークルアシスト API」をご利用いただければ、弊社があらかじめ用意している機能をサーバーから
呼び出して利用いただくだけなので、簡単に低コストでエンドユーザー様に御社独自機能として提供できます。
標準的な通信プロトコル、シンプルでわかりやすいコマンド構造、
応答するデータ形式はJSON形式を採用するなど、API連携のための開発も簡単です。

API連携 API連携

御社側の開発は、基本的に当社サービスの各種機能と連携する口(API)を用意するだけ
一般的なWebAPIの知識があれば開発可能。カーナビを動作させるなど専門のノウハウは必要ありません。
直接カーナビを動かすなどの開発をするよりも圧倒的に投資や期間が少なくて済みます。

導入のご相談やお見積などはお気軽に ビークルアシスト APIのお問い合わせ ビークルアシスト APIのお問い合わせ

多彩な車載端末を
御社サービスの対応車載端末に

カーナビをはじめとした対応車載端末を御社サービスの車載端末として利用いただけます。
多彩な車載端末の中からお客様のニーズに合わせてお選びいただけます。

対応車載端末一覧

ルート誘導も可能な高性能カーナビ端末

AVIC-BZ500-VA

メインユニットタイプ

AVIC-BZ500-VA オープン価格*

AVIC-BX500-VA

オンダッシュタイプ

AVIC-BX500-VA オープン価格*

ND-DC2-B

ND-DC2-B オープン価格*

データ通信専用通信モジュール(UIMカード付属)

ビークルアシストビューおよびビークルアシストログでカーナビを利用する際に必要な通信モジュール。
株式会社NTTドコモのFOMAサービスを利用いたします。

※1:HKS社製「2HK-VAOB1」と連携します。 
※2:システック社製デジタコ「DTU-1」と連携します。

ドライブレコーダー&ディスプレイ搭載。
バックミラーに取り付けるミラー型端末

TMX-DM01-VA

ミラー型テレマティクス端末

TMX-DM01-VA オープン価格*

安全運転指導などを手軽に行えるデータロガー端末

2GS-TDL100

通信データロガーユニット
郷商事社製

2GS-TDL100 オープン価格*

*オープン価格は希望小売価格を定めていません。
※サービスを仕様通りにご利用いただくために指定の取付方法に従ってください。
※OSのリフレッシュなどにより走行データなどの欠落がまれに発生することがあります。

カロッツェリアのテクノロジーを
最大限活用した多様な機能をご用意

  • コースAPI

    御社の訪問地を巡回するコースを作成し提供することが可能です。複数の訪問地の訪問順を最適化する機能も用意しています。作成したコースの訪問地(地点)は対応カーナビに送信することも可能です。

  • 走行ログAPI

    対応車載機から送られてくる高精度の走行速度や加速度、位置情報など走行ログを提供します。

  • メッセージAPI

    対応車載端末に御社サービスからメッセージを送信できます。

  • 日報API

    日報作成に必要なデータを提供します。

  • 時間・距離 API

    定評のあるカロッツェリアのルート探索エンジン技術やクラウド基盤を用いたルート探索機能を活用し、2地点間の予想到着時刻や予想所要時間、走行距離を提供します。

その他「ビークルアシスト パッケージ」で実現した多様な機能をご用意しております。
ビークルアシスト パッケージを詳しく見る ビークルアシスト パッケージを詳しく見る

安心のセキュリティ

契約者ごとの認証や不正アクセスブロック、暗号化通信(SSL)、高いセキュリティのサーバー構成、
耐障害性の高いデータセンターの活用などのセキュリティ対策を行っていますので、安心してご利用いただけます。

※API開発には、API開発許諾契約が必要になります。
※API開発に必要なコマンド仕様を提供します。