ヒストリー

海外製スピーカーの音に感動し、再現しようと
創業者 松本望が試行錯誤を繰り返して開発した
国産初のダイナミックスピーカーから始まったパイオニア。

その名が意味する開拓者の精神を信条として
数々の世界初の製品やサービスを展開してきた
パイオニア80年の歴史をご覧ください。

1937年~1949年
-創業の時代-

1937年~1949年 -創業の時代-

音のパイオニア誕生

独自の発想と設計によるパイオニア ダイナミックスピーカー「A-8」を完成。翌年、福音商会電機製作所を創業。

1950年~1967年
-成長の時代-

1950年~1967年 -成長の時代-

音の総合メーカーへ基盤整備

「パイオニア株式会社」に社名を変更し上場。翌年、総合音響メーカーとして世界初のセパレートステレオを発売。

1968年~1979年
-発展の時代-

1968年~1979年 -発展の時代-

世界のパイオニアに躍進

国内販売体制と海外生産販売体制を確立し、グローバルに展開。世界初のコンポーネントカーステレオ等でオーディオ業界での地位を確立。

1980年~1989年
-拡大の時代-

1980年~1989年 -拡大の時代-

AV(音と映像)への挑戦

光学式ビデオディスク「レーザーディスク」を開発。家庭用LDプレーヤーに加え、業務用LDカラオケで新たな楽しみ方を拡げる。

1990年~1999年
-挑戦の時代Ⅰ-

1990年~1999年 -挑戦の時代Ⅰ-

世界に先駆ける技術で市場を創造

GPSカーナビゲーション、DVDレコーダー、大画面プラズマディスプレイ等、世界に先駆けた商品で市場を活性化。

2000年~2007年
-挑戦の時代Ⅱ-

2000年~2007年 -挑戦の時代Ⅱ-

世界に先駆ける技術で市場を創造

HDDカーナビゲーション、DJ機器、高精細プラズマディスプレイ等、世界に先駆けた商品で市場を活性化。

2008年~2017年
-選択と集中の時代-

2008年~2017年 -選択と集中の時代-

新生パイオニアの船出

構造改革による事業の選択と集中、カーエレクトロニクスを基幹事業と位置づけ。次世代自動車・自動運転に対応した総合技術の研究開発を進める。